片思いの女性のイメージ画像

映画 / ドラマ

「全員、片思い」だと多少モヤモヤ - ラジオ発の片思い映画【感想】

投稿日:2017-02-21 更新日:

ラジオ発の映画「全員、片思い」を見ました。

片思いをテーマにしたこの映画は、もともと俳優の加藤雅也さんが自身のラジオ番組で片思いをテーマとして取り上げたことが発端となっています。

タイトルで内容が想像できてしまい、見る前からハッピーな恋愛映画ではないということは承知のうえ、甘酸っぱさを期待して見ることにしました。

「全員、片思い」とはどんな映画か

この映画はの俳優の加藤雅也さんがパーソナリティを務めるラジオ番組「BANG!BANG!BANG!(FM YOKOHAMA)」が発端となった映画です。

この番組で片思いをテーマとして取り上げたことから、片思いエピソードの募集、オリジナルストーリーを加え映画となりました。

加藤雅也さんは映画内でもラジオのパーソナリティ役として登場しています。

内容としては、片思いをテーマとしたラジオ番組を舞台に、そこに寄せられた片思いエピソードを紹介するというもの。紹介するエピソードを読み始めると舞台が変わりミニストーリーの始まりです。

この形式で7つの短編の片思いストーリーをまとめています。

それぞれのストーリーには有名な俳優さんが出演しています。

中でも目を引くのは3つ目のエピソード「サムシングブルー」での広瀬アリスさんと斎藤工さん、そして6つ目のエピソード「あさはんのゆげ」での清水富美加さんです。

エピソードとしても私はこの2つが印象に残っています。

片思い=モヤモヤ

片思いって両思いじゃないのでハッピーに進むことがないということですよね。

この甘酸っぱさがいい。

そう思えるかというとうーん、、、といった感じ。

モヤモヤした消化不良な感じがどうしても出やすいテーマだと思いました。

だからこその短編。

片思いで1つで2時間はもたなくても、短編エピソード7つならちょうどいい。

でも、もしかしたら片思いエピソードはラジオだからこそ良かったのでは?とも感じました。

FMラジオには不思議な雰囲気があるように思います。AMラジオともテレビとも映画ともどこか違う。

素敵な曲にパーソナリティの落ち着いた声。

この中で読まれるリスナーからのメッセージにはなぜかドラマを感じたりすることもあります。

音だけの世界なので想像が膨らむのかもしれません。

何で見れるか

この作品は2016年公開の作品でDVDも発売されています。なので、レンタルで借りてきてもいいでしょう。

書籍もあります。

他には定額で見放題の動画配信サービスでも見ることができます。この作品はまだ新作なので見放題作品に該当しないサービスが多いです。ですがU-NEXT
では初めての加入の場合31日間無料お試しができるのに加え、新作など別途課金が必要な作品を見るのに使えるポイントがプレゼントされるのでお得です。

そのうち新作に該当しなくなれば見放題作品としていろいろな見放題サービスでも配信されるでしょう。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-映画 / ドラマ

Copyright© まぜたの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.