古本屋の画像

読書

安く本を買いたい!古本が苦手な私がたどりついたのはKindleだった

投稿日:2017-01-03 更新日:

本を読む。

好きな人にとっては当たり前でも、読書の習慣がない人からすると一苦労です。

今年は月1冊ペースで本を読むという目標を立てています。
そのためにも、いまからどんな本を読むかをいろいろと検索してチェックしています。

本はそれなりの価格です。
読みたい本を探すと、2,000円くらいのものもちらほらと。

これが積み重なると、けっこうな金額に…。

読書が習慣化されていない私にとって、これは大きな問題です。
なぜなら、お金がかかることを理由にして本を買わない、読まないということになりかねないからです。

お金をかけずに本を読む。
この書籍購入費用の問題を解決してくれたのがKindleでした。

図書館や古本の利用

お金をかけずに本を読みたいと考えたとき、真っ先に頭に浮かぶのは図書館の存在ではないでしょうか。

図書館であれば、無料で本が読み放題です。
デメリットとしては、わざわざ図書館に出向く必要があることや、読みたい本が置いていない(誰かに借りられている)というケースがあることです。

図書館は本屋さんと違い、あちこちにあるものではありません。
品揃えも本屋さんとは違うので、希望の本が置いていないことも仕方ないかもしれません。

次に思いつくのは古本屋です。

図書館とは違い有料ですが、新品とは比べ物にならないくらい安く購入できます。
デメリットとしては、読みたい本が置いていなかったり、思ったより安くない作品もあることです。

図書館も古本屋も、読書をする人にとってはとても便利で助かる存在といえます。

しかし、図書館や古本屋の本は、私にとっては致命的な欠点がありました。

なぜなら私は古本がとっても苦手なのです。

古本が苦手

コスパとしては古本が最高にいいのは理解しています。
図書館は無料ですし、古本屋では本によっては本当に格安で手に入ります。読み終わったら古本屋に売却すれば、さらにコストを抑えることができます。

古本屋に抵抗があるわけではありません。
自分が新品で買った本を、古本に売却したこともあります。

ですが、古本を買って読むことに抵抗があります。

何が嫌かというと次の3つがあげられます。

におい

古本には独特な臭いがありませんか?

古本屋に入っただけで感じるあの臭い。

カビの臭いなんでしょうか?
とても苦手です。あれだけで嫌になります。

汚れ

古本は汚れています。

自然な変色だけならまだしも、正体不明のシミがあったりゴミが付着していたり、はたまた紙が折れてしまっていたりということもあります。

自分で汚したものであれば、原因が分かっているので諦めますが、何の汚れかよく分からない汚れがあるのは不気味です。

他の誰かを感じる

古本はもちろん他の誰かが買って1度読まれた本です。

でも誰だか分かりません。
キレイな女性かもしれませんし、あぶらぎったおじさんかもしれません。

誰なのか分からないことが不気味に感じてしまいます。

以前、古本を読んでいたら何者かの髪の毛が挟まっていました。
これはとてつもない恐怖でした。

Kindleの画像

Kindleに出会う - メリットとデメリット

古本が苦手な私には、古本のように安い価格で本を読む事はできません。

ですが、私はKindleに出会いました

ご存じの方も多いと思いますが、Kindleはネット通販で有名なAmazonが製造・販売している電子書籍サービスです。
Amazonのサービスなので、AmazonでKindle版の書籍を購入し、Kindle端末を利用して(もしくはスマホ・タブレットでアプリを使い)読書をします。

Kindle版の書籍は、本屋さんで本を買うよりも少しだけ安いです。ほとんど変わらないですが、ほんの少しだけ安いんです。
でも中には驚くほど安い商品もあります。Amazonでは日替わりセールや月替りセールをやっており、これはAmazonが選んだ本(日替わりなら1冊、月替りなら20冊程度)を、通常価格よりもかなり安く(40%オフは当たり前?)買うことができます。中には無料の本もあります。

このセールを利用すれば、古本まではいかなくても、かなり安く読書を楽しむことができます。

価格以外にも、持ち運びに便利、場所を取らない、バッテリーの持ちがいい、見やすいディスプレイなどメリットがあります。

しかし、Kindleにもデメリットはあります。

それはKindle版がない書籍があることです。
読みたいと思った書籍が、Kindleに対応していないことはよくあることです。待っていれば対応するかもしれないですし、待つだけ無駄な場合もあります。

また、安く読むためにセールを利用したいところですが、読みたいと思う本がセールになっているとも限りません
価格を重視すると、安くなっている本の中から読みたい本を探すということになってしまいます。

さらに、電子書籍なので本という実体がありません。
Kindleを読み取る端末がないと読むことはできません。本のように感覚でページをめくり、たまに振り返りながら読むには不便です。

ですが、お得なセールを利用して安く本を買えることや、小さい端末に何冊も本を入れ持ち運ぶことは、読書を習慣化したい読書初心者にとってはとても助かります

金額的には古本に負ける

紹介したように、Kindleを利用すれば多少安く本を買うことができます。

しかし、本の選択肢の多さや価格の安さはどうやっても古本の方が勝っています

古本が苦手ではないなら、図書館を利用したり古本を買うことをおすすめします。

ですが、古本が苦手で少しでも安く本を買いたいと思うのならKindleは超おすすめです。

セールを上手く利用しながら、たまにはセール外の書籍を買えばきっと満足できるはずです。
むしろ、セールに出てくる本の中から新たな出会いを見つけるということを楽しんでしまえばいいんです。

Amazonをチェックしているだけでも、まだまだ読んでみたい本はたくさんあります。
読書を習慣付け、新たな知識を得たり自分に刺激を与えてたくれるような書籍を読んでいきたいと思います。

私が購入したKindle端末は上で紹介しているKindle Paperwhiteです。スマホやタブレットでもKindleアプリで読むことはできますが、専用のKindle端末はバッテリーの持ちもよく目が疲れにくいディスプレイを使っていたりと読書に最適なのでおすすめです。

レビューは下の記事にあるのでご確認ください。

新しく勝ったKindleを高々と掲げる画像
KindlePaperwhiteを買ってよかったところと気になることをレビュー

電子書籍リーダーのKindleを購入したので紹介します。 ここ数年、本を読むことが少なくなっていました。このままじゃダメだな、もっと本読んで勉強したいなと思っているときに知ったのがKindleです。 ...

続きを見る

Kindle関連のお得情報

最後にKindleに関連したお得情報を紹介します。
これを知ったらKindleが欲しくなるはずです。

Amazonプライム会員はKindle端末4,000円引き

AmazonではAmazonプライムというサービスがあります。
これに加入すると、Amazonを利用するときにいろいろと特典があります。(例えば送料無料や動画見放題サービスなど)

その1つにKindleの割引があります。

Kindleの端末のうち「Kindle」と「Kindle Paperwhite」はプライム会員だと4,000円引きになります。
※購入の際にクーポンコードを入力する必要あり。

Amazonプライムの費用が年間3,900円(税込)ということを考えると、かなりお得だと分かります。
3,900円払って4,000円引きってスゴイですよね。

Amazonプライムは無料お試し期間があるので、一度試してみてはいかがでしょう。
ちなみに無料お試し期間はKindleの割引はされないので注意が必要です。

Amazonプライム会員は毎月1冊無料で本が読める

さらに、Amazonプライム会員だと、対象となる本を月1冊無料で読むことができます

これはKindleオーナーライブラリーというサービスです。

対象となる本が決まっているので読みたい本が少ないかもしれませんが、月1冊無料というのはかなりのメリットです。
Amazonプライムの費用年間3,900円(税込)で、年間12冊を無料で読むことができると考えると魅力できに感じます。

読み放題サービスもある

Amazonでは月額980円で対象のKindle書籍が読み放題になるKindle unlimitedというサービスもあります。
ジャンルは幅広く、マンガも雑誌も読めてしまいます。

かなりの数が対象とはなっていますが、読みたい本が読み放題の対象になっているとは限りません。

まずは30日間の無料お試し期間を利用してみるといいかもしれません。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-読書

Copyright© まぜたの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.