ポチ袋の画像

大人になりたい

デザイン豊富な”ぽち袋”を使ってお金をスマートに渡そう

投稿日:2017-03-08 更新日:

ポチ袋って知っていますか?

お年玉袋と言えばイメージつきやすいでしょうか。

ポチ袋はお年玉専用のものではありません。小さい封筒のようなもので、ちょっとした時にお金を入れて渡したりできる優れもの。

文具店や100均などで年中売ってます。
デザインも色々あり、おしゃれなので集めるだけでも楽しくなります。

このぽち袋。大人ならうまく活用するといいんじゃないでしょうか。

こんなときに”ポチ袋”

使い方はいろいろ。

こんなときに使ってみては?という例を紹介します。

おこづかいをあげる

お年玉のときにはお年玉袋に入れて渡すのに、普段のおこづかいでポチ袋に入れないのはおかしくないですか?

そもそもお金を裸で渡すことって少し露骨ですし、見ようによっては下品にも感じます
ですが、ポチ袋に入れると中身が見えませんしスマートです。

また、お金だけ渡すよりもポチ袋に入れたほうがお金が大切なものだと伝わります

自分の子どもや親戚の子どもへのおこづかいでポチ袋が活躍します。

お金を立て替えてもらった

社会人になるとなんだかんだでお金を立て替えてもらうことがあります。

例えば、旅行にいくときの交通費や食事代、ライブのチケット、お祝いを数名で購入したときなどがあります。

こんなとき、「いくらだっけ?」なんて聞きながら財布からお金を出して、「お釣りある?」なんてこと言ったりする人いますよね。

立て替えてくれた人に対する思いやりが少し足りなく感じます。

こんなとき、立替えてもらった金額をちゃんと用意し、ポチ袋にお金を入れてありがとうの言葉と一緒に渡すととてもスマートです。

ただし、目上の人に対しては礼儀の問題があるので控えたほうがいいかもしれません。

小物を入れて袋分けする

ポチ袋にお金以外のものを入れてもOKです。

引き出しの中やかばんの中がぐちゃぐちゃなんてことありますよね。

そんなときに、細かいものをポチ袋に入れて整理します。
中に何が入っているか外からわかるように、ポチ袋に書いておけばキチンと整理できます。

例えば、財布に入れててもなかなか使う機会のないポイントカードや割引券、病院の診察券を整理するのはどうでしょうか。

他にも、あると便利なバンソウコウや手帳に貼る用のシール、付箋、クリップ、切手なんかを入れておくのもいいですね。

色々なデザインがあって収集欲をくすぐる

ダイソーのポチ袋の画像

実用的で便利なポチ袋ですが、デザインがいろいろあり収集欲がくすぐられます。

上で紹介している画像のポチ袋は100均のダイソーで購入した「日本の和紙ぽち袋」です。
こちらは8袋入りが100円で売っています。

他にもいろいろなデザインがありますし、メッセージカード付きのものもあります。

ダイソー以外ではAmazonでもいろいろなぽち袋が売っています。
ぽち袋のみの購入だと送料の負担が大きいですね。

Amazonでポチ袋を探す

他には文具店でも売っています。
近くの大型スーパーなどの文具コーナーで探してみてください。

また、ぽち袋は小さい封筒なので、自作しても簡単に作ることができます
お気に入りの用紙をつかい、自分でデザインしてみてもいいかもしれません。

ちょっとしたことでスマートに見せる

ポチ袋は昔からある文化のひとつ。

もともとポチとは舞妓さんなどに渡していた心づけ、祝儀のことを指していたとか。

私はこのポチ袋という名前さえもともと知りませんでした。

ですが、使っている人を見て、ちょっとしたことだけどスマートだし心づかいが感じられいいなと思いました。

お金を渡す機会にどうやって渡すかで印象は変わります。

裸で現金を渡すのは露骨でガサツな感じがするし、ティッシュペーパーで包むと少しおばさんくさい。銀行の封筒ではどこか意味深な気もします。

ですが、ポチ袋を使うと心づかいと気持ち、配慮などが伝わります。大人の余裕すら感じませんか?

ぜひ、ポチ袋を利用してみてください。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-大人になりたい

Copyright© まぜたの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.