VR機を付けて自転車に乗る女性の画像

ゲーム

PlayStationVRを体験してみた感想はスゴイ!酔う…今後に期待!

投稿日:2017-01-29 更新日:

2016年はVR元年とも言われた年です。

VRとはバーチャルリアリティ(virtual reality)のことで、日本語では仮想現実といいます。

その名の通り、コンピュータで作られた仮の空間を、あたかもそこにいるかのような、現実であるかのような感覚を体験できる技術です。

2016年にこの技術を利用したゲームが発売され、そこそこ話題にはなっていました。その中の1つがPlayStationVRです。今更ながら体験してきたので感想を残しておきたいと思います。

PlayStationVRとはどんなゲーム機か

PlayStationVRはPlayStation4に接続することで遊べるゲーム機です。

価格は希望小売価格が44,980円(税抜)です。PS4本体(500G)が希望小売価格29,980円(税抜)なのを考えると、発売間もないとはいえけっこう高額な印象です。それだけすごい製品だとも言えます。

ソフトは続々と発売されています。人気作バイオハザードの新作「バイオハザード7」でもVRに対応していたり、家庭教師を体験できる「サマーレッスン」など、VR専用のソフトだけでなくVRを使うとより楽しめるVR対応ゲームもあります。

単にVRヘッドセットと呼ばれるものをかぶるだけでVRの世界に入ることができます。

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

体験した感想

今回、PlayStationVRを友人宅で体験してきました。

やったソフトは「バイオハザード7」です。

バイオハザードシリーズといえば、とても人気のあるホラーアクションアドベンチャーゲームです。ゾンビと戦ったり、逃げたり、謎解きをしたりとVRとの相性が良さそうなゲームです。

あまり、このシリーズで遊んだ経験はなかったんですが、VRを体験するのにいいかなと思い挑戦。

ゲームをスタートしての感想。「これ、すごい…」でした。

本当に目の前にあるかのような、きれいなグラフィックとどこ向いてもそれに対応する景色。ヘッドフォンを付けてプレイするとさらに臨場感が上がります。ほんとうに不思議な感覚で、自分はイスに座っているのに、ゲームの中でキャラクターを動かすと、風景が動いていく。この感覚が不思議で、変な感覚で、数分で酔ってしまいました。人間って簡単に錯覚を起こしちゃうんだなと実感しましたね。

そして、バイオハザードを選んでしまったがためにとても怖い。私は1人で夜中プレイは絶対にできません。夢に出てきそうです。

ヘッドセットを付けているので、違和感はあるしとても疲れるのが困ったろころ。酔は慣れればどうにかなるのかもしれませんが、初心者の私は長時間のプレイはできなさそうでしたのですぐに休憩に入りました。

感想をまとめると、「すごい!そして酔う!」ですね。

今後のさらなる進化に期待

このVR技術、今後も進化を続けるんだろうなぁと考えるとワクワクするのと多少の怖さを感じました。

この進化の先にはどんな世界があるのか想像がつきませんが、何かとてつもないものができるのではないかという期待感があります。

アニメにもなった「ソードアート・オンライン」という作品がまさにVR技術が発達した世界での話でした。

この作品では、いまのVRとは違い実際にゲームの中に意識まで入り込み、ゲームの世界で空を飛んだり人を倒したり魔法を使ったりと、普段ならできない経験ができます。

まあ、ここまですごい技術だとそれなりに問題が発生するわけで、ソードアート・オンラインでは未来を予見しているかのような物語が描かれています。

今回、実際にVRを体験してみて、ソードアート・オンラインのような世界が近づいてきているように感じました。自分が生きている内に、そこまで進化するのかは分かりませんが期待したいところです。

そんな世界が来たら、老人になったとしてもVRの中では世界を冒険したりできるわけです。そんな老後が夢ですね。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-ゲーム

Copyright© まぜたの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.