交差点

好き勝手に

救急車などの緊急自動車を優先する光景が素晴らしい

投稿日:

以前、友人に言われたことが頭に残っている。

「救急車とかが通るとき、まわりの車が脇に避けて緊急車両を先に行かせる光景ってすごくない?なんかいいよね。」

言われたときは「何を当たり前のことに驚いているんだ」と思っていたけど、最近はその意味が分かってきた気がする。
確かにいい。当たり前だけど素晴らしい光景に見えてきた。

分かってくれる人がいるかは分からないけど、このことについて少し書いてみたいと思います。

道路交通法ではどうなっているか

緊急自動車について道路交通法ではどうなっているのか。
関係しそうなところを引用します。

(緊急自動車の優先)
第四十条  交差点又はその附近において、緊急自動車が接近してきたときは、路面電車は交差点を避けて、車両(緊急自動車を除く。以下この条において同じ。)は交差点を避け、かつ、道路の左側(一方通行となつている道路においてその左側に寄ることが緊急自動車の通行を妨げることとなる場合にあつては、道路の右側。次項において同じ。)に寄つて一時停止しなければならない。
2  前項以外の場所において、緊急自動車が接近してきたときは、車両は、道路の左側に寄つて、これに進路を譲らなければならない。(罰則 第百二十条第一項第二号)

引用元:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35HO105.html

つまり、緊急自動車が近くに来たら

  • 交差点に侵入しないで道路脇で一時停止
  • 交差点以外でも道路脇で道を譲る

と決まっています。

教習所でも習ったこと。法律なので守らないといけないこと。
当たり前のことです。

当たり前の思いやり

当たり前のことだとしても、緊急自動車に道を譲る光景は素晴らしいと思えるのです。

救急車がサイレンを鳴らして走っているときに道を譲らない車を見たことがありません。いや、当たり前のことなんですがね。
スピード違反に、一時停止無視、信号が赤になるギリギリでも突っ込む車、違反と決まっていても違反をする人達。そんな中、緊急自動車を優先しない人がいないように思うのです。

だからこそ、この光景が素晴らしく感じるし、命を優先したみんなの共通意識の現れのように感じるわけです。

交通事故は依然としてなくならず、不幸な目に遭う人達はたくさんいます。
私も追突されたことがあります。

交通事故は誰も幸福にならない。にもかかわらず、無理な運転や不注意によって事故を起こしてしまう。
もっと、それぞれが安全運転を意識して事故をなくしていく方向にしていかなくてはいけません。

救急車や消防車を優先する心で、他の状況に対しても相手を思いやり運転したいものです。

自戒を込めて。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-好き勝手に

Copyright© まぜたの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.